大手メーカーと中小ものづくり企業のマッチングTECROSS(テクロス)

T-1136 金属母材表面へのフィラー粒子層の形成技術

この募集は終了しました。

この募集は2018年07月30日に終了しました。ご応募ありがとうございました。

コンタクト先 : 金森 朋子(phd2@ninesigma.com

T-1136 金属母材表面へのフィラー粒子層の形成技術

加工・部品
機械・精密
化学・素材

開発スケジュール

・試作開発:1年程度 ・量産化に向けた開発:試作開発後、1年程度

予算

想定ビジネス規模:10,000個/年程度を想定

応募期限 : 2018年07月30日
金属母材表面へのフィラー粒子層の形成技術
依頼企業の概要 売上数千億円規模の国内大手医療機器メーカー
応募者にとっての機会 - 受託加工
- 技術ライセンス
- 受託開発
技術を求める背景・目的 社内の加工プロセスでの利用を目的に、金属母材表面に、フィラー粒子層を形成する技術を求めています。
求める技術 ・金属母材表面に、フィラー粒子層を形成する技術を求めています。
 ◆金属母材の概要
  - 形状:例として円筒型、半球型など
  - サイズ:直径6 – 150 mmφ程度
  - 材質:鉄もしくはステンレス
 ◆形成したいフィラー粒子層の概要
  - 材質:無機粒子
  - 粒子径:0.1 – 1 μm程度
  - 層の高さ:数cm程度
  - 層の厚さ:3 mm以上
  - その他:バインダーとして樹脂(材質は問わないが、含有量は40%未満、望ましくは20%未満とすること)の利用が可能。ただし膨潤や温度による体積変化率が小さいことが望ましい

・対象とするアプローチ例
  - ディップ成形の応用
  - 塗布プロセスの応用
技術の目標水準 ・類似のフィラー層の作成実績があること
・均一分散したフィラー層を作成できる組織からの提案を歓迎する
その他特記事項 ・一般的な樹脂膜ではなく、フィラー粒子を主成分とした層の形成の実現に困難さを感じています
・既存のコーティングや表面処理技術を応用し、フィラー粒子層の形成にチャレンジしてくれる組織からの応募を歓迎しております
添付ファイル T-1136_応募テンプレート.docx
添付ファイル T-1136_募集要項.pdf
このニーズに応募する
応募は終了しました