大手メーカーと中小ものづくり企業のマッチングTECROSS(テクロス)

T-1152 睡眠・ストレスに効果がある健康食品として開発可能な原料

この募集は終了しました。

この募集は2019年02月08日に終了しました。ご応募ありがとうございました。

コンタクト先 : 山崎寛史(phd2@ninesigma.com

T-1152 睡眠・ストレスに効果がある健康食品として開発可能な原料

バイオ・医療
食料品・飲料
その他

開発スケジュール

「求める食品原料の要件」を全て満たしているものに関しては、1年以内に共同/受託開発、すべて満たしていないものに関しては、共同/受託研究を1年以内に開始したいと考えている。

予算

年間100万食程度の供給を想定している。

応募期限 : 2019年02月08日
睡眠・ストレスに効果がある健康食品として開発可能な原料
依頼企業の概要 売上数千億円規模の国内大手ヘルスケアメーカー
応募者にとっての機会 共同・受託研究、共同・受託開発、原料供給など
技術を求める背景・目的 消費者の多様化する健康志向に応える商品を開発すべく、睡眠やストレスの改善に効果がある食品原料を求めている。
求める技術 以下に示す要件を満たす食品原料を求めている
1.症状や悩みに対して、以下のいずれかの方法で有効性が想定できること
・ヒト試験で効果が得られている
・動物試験で効果が得られている
2.安全性が確認できていることが望ましい
・遺伝毒性、反復毒性(喫食実績、in vitro試験、in vivo試験)など
3.有効成分が特定できていることが望ましい
・化学構造を特定できること
・定量分析できること
4.既に原料化されている原料であること
・1、2年以内に原料化されることが見込める場合も可
5.原料の起源が国産の農水産物であること
6.原料の機能性関与成分が以下のものは、公募の対象外とする。
・GABA、L-テアニン、グリシン、L-セリン、クロセチン、アスパラガス由来プロリン-3-アルキルジケトピペラジン、ラフマ由来ヒペロシド、ラフマ由来イソクエルシトリン、乳酸菌、又は酵母。

<有効性のターゲットとする症状・悩み>
依頼主は下記(1)あるいは (2)の症状・悩みを改善する食品原料を求めている。
(1)睡眠:不眠、睡眠の質、寝つきの悪さ、何度も目覚める、目覚めの悪さ、日中の眠気など
(2)ストレス:イライラ、意欲の低下、抑うつ、不安感、精神疲労、自律神経の乱れなど
技術の目標水準
その他特記事項 想定している用途
健康食品としての開発を想定している。
例えば、粒、カプセル、粉末、飲料、菓子、レトルト食品などの形態
添付ファイル T-1152_募集要項.pdf
このニーズに応募する
応募は終了しました