大手メーカーと中小ものづくり企業のマッチングTECROSS(テクロス)

T-1156 大型軟磁性材部材の量産化パートナー

この募集は終了しました。

この募集は2019年06月05日に終了しました。ご応募ありがとうございました。

コンタクト先 : 金森 朋子(phd2@ninesigma.com

T-1156 大型軟磁性材部材の量産化パートナー

加工・部品
化学・素材
その他

開発スケジュール

2019年6月末までにパートナーを選定し、量産化の見通しが立つことが望ましい

予算

想定されるビジネス規模:年間生産数量:量産時部材として3万個/年または100万個/年程度の製造を想定 / 開発予算、受託時の加工費用等は別途ご相談

応募期限 : 2019年06月05日
大型軟磁性材部材の量産化パートナー
依頼企業の概要 売上千億円規模の大手自動車部品メーカー
応募者にとっての機会 ・部材供給
・受託加工
・受託開発
技術を求める背景・目的 ・依頼主は軟磁性材部材であるセンダスト(基本組成:5.5Al, 9.5Si, 残りFe)にてφ90 mm, 厚さ35mmの中央部凹の段差形状部品の量産化検討、量産製造が可能なパートナーを求めている。
・センダストは、非常に硬くて脆い性質を有しており、鍛造・圧延による加工は難しいとされている。現在は圧粉成形による加工を想定しており、圧粉成形による上記形状成形には1000tプレスによる加圧が必要と推定される。
・センダストの一貫加工を請け負えることが好ましいが、圧粉成形部分のみ等、工程の一部のみ対応可能な組織からの提案も歓迎する。また、加工後の磁性・機械特性が、求める技術に記載のスペックを達成可能な圧粉成形以外の量産方法の提案も歓迎する。
求める技術 ・センダスト部材のスペック
  - 素材:Si 9.5%, Al 5.5%, Fe 85%
  - 部材形状:φ 90 mm 厚さ35mm (形状詳細は図1参照)
※開発の進捗により形状変更の可能性が有り
  - 物性:飽和磁束密度 0.8~1Bs(T)程度
・対象となる成形技術:上記スペックを満たすセンダスト部材を成形できればいずれの手法も採択可
  - 圧粉成形
  - 鍛造
  - 圧延
  - 切削 など
※1ピースとして成形可能なことが望ましいが、複数ピースに分けての成形も採択可
技術の目標水準 ・求める部材の量産の見込みがあること(例:1000tプレス機を有しているなど)
・センダストと類似物性(硬くて脆い)を有する部材の加工実績を有することが望ましい
その他特記事項 ・想定している用途:自動車部品としての使用を考えている
図表 T-1156_図.png
添付ファイル T-1156_募集要項.pdf
このニーズに応募する
応募は終了しました