大手メーカーと中小ものづくり企業のマッチングTECROSS(テクロス)

T-1145 ガラス-樹脂積層部材の切断技術

この募集は終了しました。

この募集は2018年11月19日に終了しました。ご応募ありがとうございました。

コンタクト先 : 金森 朋子(phd2@ninesigma.com

T-1145 ガラス-樹脂積層部材の切断技術

加工・部品
機械・精密

開発スケジュール

パートナー選定:2019年3月 / 量産化に向けた開発:2019年4月~2020年3月 / 量産開始:2021年10月

予算

想定されるビジネス規模:量産時:1mm角の積層部材を年間数千個程度の製造を想定

応募期限 : 2018年11月19日
ガラス-樹脂積層部材の切断技術
依頼企業の概要 売り上げ数千億円規模の国内大手メーカー
応募者にとっての機会 ・受託加工・受託製造
・受託開発
技術を求める背景・目的 ・光学用途に用いられるガラス-樹脂積層部材の切断技術を求めています
・最終的に25mm角の積層部材から複数個の1mm角積層部材の切り出しを希望しますが、条件出しの際は25mm角積層部材から1個の1mm角積層部材の切り出しによる検討を想定しています
求める技術 ・対象となる切断技術:ダイシングソー、レーザー、超音波、ウォータージェットなど下図1の積層部材を欠陥なく切断できる幅広い技術の提案を歓迎します
・切断条件
  - 加工面におけるチッピング、割れ、剥がれ等の欠陥サイズが20 μm以下であること
  - 量産時の想定加工時間:5~10分程度(1mm角個片1個当たり)
  - 加工による樹脂の光学特性の劣化がないこと
・25mm角ガラス-樹脂積層部材詳細
  - ガラス
   ◆素材:光学用ガラス
   ◆形状:25mm 角の正方形、厚さ0.2 mm
   ◆物性:ヌープ硬さ 約600 HK(BK-7相当)
  - 樹脂
   ◆素材:アクリル系樹脂
   ◆形状:φ4mm 円状、厚さ0.2 mm
   ◆物性:Tg 150℃, 線膨張係数 60x10-6/K, 曲げ弾性率 4 GPa, 鉛筆硬度 3H~6H
   ◆その他:ガラスとは接着剤により接着、隙間埋め樹脂は変更可能
技術の目標水準 ・現時点で何かしらの切断技術を保有しており、サンプルテストが可能であること
・企業・研究機関双方からの提案を歓迎します
図表 T-1145_図2.png
添付ファイル T-1145_ガラス-樹脂積層部材の切断.pdf
このニーズに応募する
応募は終了しました