大手メーカーと中小ものづくり企業のマッチングTECROSS(テクロス)

T-1121 親水又は撥水の防汚性透明硬質膜のコーティング技術

この募集は終了しました。

この募集は2017年12月20日に終了しました。ご応募ありがとうございました。

コンタクト先 : 佐藤佳邦(phd2@ninesigma.com

T-1121 親水又は撥水の防汚性透明硬質膜のコーティング技術

加工・部品
化学・素材

開発スケジュール

1年以内に試作品の提供が可能であること

予算

直接の協議により決定

応募期限 : 2017年12月20日
親水又は撥水の防汚性透明硬質膜のコーティング技術
依頼企業の概要 NOK株式会社(http://www.nok.co.jp/ )
応募者にとっての機会 材料供給、受託加工、共同研究、技術ライセンシング
技術を求める背景・目的 NOK株式会社は透明樹脂(主にポリカーボネート)表面へ親水性/撥水性の透明コーティングを施すことを目指しています。しかし、このコーティング技術に求められる要件としては、親水性/撥水性・透明性のみならず、硬さ・耐候性・耐久性・防汚性などもあり、現時点で全ての要件を満たす技術の確立は容易ではありません。そのため、いち早く本技術の確立に向けた有望なパートナー組織を特定するため、今回の募集を行っております。
求める技術 以下の①の材料を保有していること。望ましくは②の塗布技術まで対応できること
① 乾燥、UV硬化、熱硬化などによる成膜後に、以下の物性を呈するコーティング液
−以下の親水性または撥水性のいずれかを有すること
 ・親水性の場合:接触角10度以下(理想は5度以下)
 ・撥水性の場合:接触角120度以上(理想は150度以上)
−防汚性:セリフクリーニング性を有すること
−透明性:可視光に対して、透過率98%以上
−硬さ:鉛筆硬度6H以上
−耐候性:屋外使用において3年(理想は10年)以上の耐久性を有すること
−耐久性(密着性):耐布摩擦10,000回以上後、親水性や撥水性が変化しないこと
−その他:有害物質を有していないこと

② 上記のコーティング液を以下の条件で塗布できる技術
−コーティング対象:平面、球面形状の透明樹脂の表面
−コーティング膜厚:均一な膜厚で薄い方が望ましい
技術の目標水準 既に提供可能なサンプル(現時点で上記の物性すべてを満たしている必要はない)を保有している企業や研究機関(研究レベルの技術でも可)からの提案を歓迎します
添付ファイル T-1121_テクロスプレミアム募集要項-親水又は撥水の防汚性透明硬質膜のコーティング技術.pdf
添付ファイル T-1121_応募テンプレート-親水又は撥水の防汚性透明硬質膜のコーティング技術.docx
このニーズに応募する
応募は終了しました