大手メーカーと中小ものづくり企業のマッチングTECROSS(テクロス)

T-1134 250℃以上の耐熱性がある非金属製容器

この募集は終了しました。

この募集は2018年08月10日に終了しました。ご応募ありがとうございました。

コンタクト先 : 吉川 岳(phd2@ninesigma.com

T-1134 250℃以上の耐熱性がある非金属製容器

加工・部品
機械・精密
化学・素材
バイオ・医療
食料品・飲料

開発スケジュール

1年以内に試作品ができること

予算

応相談

応募期限 : 2018年08月10日
250℃以上の耐熱性がある非金属製容器
依頼企業の概要 国内大手日用品メーカー
応募者にとっての機会 技術ライセンス、受託開発
技術を求める背景・目的 ・依頼主は有効成分を室内に揮散させる製品を扱っている。同製品は、揮散のために約400℃まで加熱しており、耐熱性の観点から金属製容器を使用している。
・しかし、容器以外の部材には非金属材料を使用しているため、使用者は廃棄時に金属容器を分離しなければならず、ゴミの分別に手間がかかっている。
・一方で、揮散のための発泡剤は250℃程度でも機能するため、金属製容器に替わる技術で、分別せずに廃棄が容易にできるのではと同社は考えている。
・そこで、分別廃棄容易な250℃以上の耐熱性のある容器開発に資する技術を求めている。
求める技術 ・耐熱性のある非金属製容器
 - 廃棄が容易であること
 - 250℃以上の耐熱性があること
 - 溶融や焦げ、臭いが発生しないこと

・考えられる技術例(提案はこれに限らない)
 - 耐熱紙や耐熱プラスチックの使用による耐熱性の向上
 - コーティング技術による耐熱性の向上
 - 低熱伝導材料や断熱構造を利用した、熱の伝わりにくい容器設計技術
 - 吸熱反応等を利用した、容器を部分的に冷却する技術
 - 上記の組み合わせによる容器設計技術
技術の目標水準 【現時点で求める技術の完成度】
250℃以上の耐熱性がある非金属容器の設計開発実績があれば望ましい。
その他特記事項 【想定している用途】
・有効成分を室内に揮散させる製品への適用

【想定されるビジネス規模】
・想定されるビジネス規模:市場規模は約20億円 生産想定数は100万本/年
添付ファイル T-1134_募集要項.pdf
添付ファイル T-1134_応募テンプレート.docx
このニーズに応募する
応募は終了しました