大手メーカーと中小ものづくり企業のマッチングTECROSS(テクロス)

T-1158 樹木伐採工事の効率化パートナー

この募集は終了しました。

この募集は2019年08月28日に終了しました。ご応募ありがとうございました。

コンタクト先 : 金森 朋子(phd2@ninesigma.com

T-1158 樹木伐採工事の効率化パートナー

加工・部品
機械・精密
電気・電子
環境・エネルギー

開発スケジュール

2020年12月までに試作機作成を希望(プロジェクト開始から9カ月程度で試作機の作成が可能であること)

予算

最終的に60台程度導入予定 / 開発予算は確保済み

応募期限 : 2019年08月28日
樹木伐採工事の効率化パートナー
依頼企業の概要 東京電力パワーグリッド株式会社
応募者にとっての機会 ・部材供給
・受託製造
・受託開発
技術を求める背景・目的 ・東京電力パワーグリッドでは、停電を防止するため、各電線を中心に半径2.0 m以内に掛る樹木の枝・幹の伐採業務が不可欠であるが、現在は目視で伐採対象箇所を選定後、高所作業車を用い、チェーンソーやのこぎり等で複数人での伐採工事を実施している。
・労働人口減少時代におけるメンテナンス業務の継続性確保、並びに作業員の安全性確保のため、樹木伐採工事の効率化・省人化は喫緊の課題となっている。
・樹木伐採工事の効率化・省人化の実現方法として、例えば以下の技術等を想定している
 -高所作業車や電線等の高所に実装でき、自動で目的の範囲にある樹木の枝・幹等の伐採が可能な治具・機器
 -伐採後の樹木の枝・幹を粉砕可能な機器または粉砕後、効率的に収集しながらの伐採が可能な機器
 -高所作業車を用いることなく地上からの伐採を可能とする機器
求める技術 電線等の送電・配電設備を損傷・傷つけることなく、樹木伐採工事の効率化・省人化を達成可能な高電圧対応可能な技術を幅広く求める
・樹木伐採工事(図2参照)
 -伐採対象:電線含む配電・送電設備から1.5~2 m以内にある樹木の枝・幹
 -樹木の種類:広葉樹・針葉樹問わない(要件の簡素化のため、今回蔓性植物は対象外)
 -配電・送電設備
  ・伐採箇所の高さ:10〜13m(電柱の高さ)
  ・主な電線の仕様:ポリエチレンまたはビニール被覆しによるアルミ電線
(断面積:32 mm2~240 mm2)
  ・電線まわりの使用電圧:高圧電線:6600V、低圧電線:100/200V
  ・伐採工事時の条件:高圧電線まわりを伐採する場合は、感電や停電防止のため、作業員は高圧絶縁用保護具(胴衣、手袋、長靴)を着用する。更に電線に防護管を取り付けて伐採する場合がある。
 -標準的な高所作業車仕様
  ・絶縁性能(交流電圧20KV)を有したバケット装置を搭載
  ・バケット装置の寸法:縦1100 mm、横:740 mm、深さ:900 mm
  ・バケットの定格荷重:200kgf(作業員2名程度)
  ・バケットに装備されたクレーンの最大吊り上げ荷重:490kgf
  ・バケット付きクレーンの高さ:最大16.5m
技術の目標水準 ・類似の機器等の開発・製造実績を有することが望ましいが、機器製作に長けた企業等幅広い組織からの提案を歓迎する。特に高電圧対応の機器・治具等の開発・製造経験を有する組織からの提案を歓迎する。
・試験機開発に関して、設計・試作・現場検証によるフィードバック・改良等を一貫して対応可能な組織からの提案を歓迎する。
・最終的には、各拠点への配備を想定しているが、現状ではその体制・設備(生産能力)の有無は問わない
図表 T-1158_図.png
添付ファイル T-1158_募集要項.pdf
このニーズに応募する
応募は終了しました