大手メーカーと中小ものづくり企業のマッチングTECROSS(テクロス)

T-1150 三相モータ駆動用インバータの設計・製造

この募集は終了しました。

この募集は2019年01月10日に終了しました。ご応募ありがとうございました。

コンタクト先 : 山本 洋(phd2@ninesigma.com

T-1150 三相モータ駆動用インバータの設計・製造

測定・計測
電気・電子

開発スケジュール

2020年3月までに試作インバータを納入

予算

別途ご相談

応募期限 : 2019年01月10日
三相モータ駆動用インバータの設計・製造
依頼企業の概要 国内大手自動車部品メーカ
応募者にとっての機会 受託開発
技術を求める背景・目的 依頼主は車載向けのコンポーネントを開発しているが、開発中製品(三相モータ+メカ部)を駆動するインバータの開発メーカを求めている。インバータは、搭載性の観点から、依頼主が開発する製品と一体化した構造の実現が必須となる。
求める技術 駆動対象となるモータの詳細
 ・モータの種類:回転センサ付き三相モータ
 ・出力:15~20kW
 ・電圧:最大500V
 ・回転数領域:~150krpm
 ・用途:圧縮機などの自動車向けコンポーネント

求めるインバータ設計技術の詳細
◇上記の三相モータを駆動可能なインバータのハードウェア設計およびソフトウェア開発
 ・ハードウェア:基盤、筐体の設計
 ・ソフトウェア:駆動用ソフトウェアの開発

提案を期待する組織

◇必須要件:
 ・15~20kWクラスのインバータやコンバータの回路設計が可能であること

◇歓迎条件:
 ・インバータのハードウェア・ソフトウェアの性能評価・信頼性評価、また、EMCの評価・対策、が可能であることが望ましい
 ・日本または欧州の自動車メーカの規格を満足した開発実績があることが望ましい
 ・量産まで対応可能であることが望ましいが、設計・試作のみ対応な組織からの提案も歓迎する
技術の目標水準 15~20kWクラスのインバータやコンバータの回路設計が可能であること
図表 T-1150_模式図.png
添付ファイル T-1150_インバータ設計.pdf
このニーズに応募する
応募は終了しました