大手メーカーと中小ものづくり企業のマッチングTECROSS(テクロス)

T-1148 ヒト体内の水分状態を簡便に測定・評価する技術

この募集は終了しました。

この募集は2018年12月05日に終了しました。ご応募ありがとうございました。

コンタクト先 : 山本 洋(phd2@ninesigma.com

T-1148 ヒト体内の水分状態を簡便に測定・評価する技術

機械・精密
測定・計測
電気・電子
バイオ・医療
情報通信

開発スケジュール

2019年3月までに試作品評価予定

予算

別途ご相談

応募期限 : 2018年12月05日
ヒト体内の水分状態を簡便に測定・評価する技術
依頼企業の概要 サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社
応募者にとっての機会 ・技術ライセンス
・受託開発
技術を求める背景・目的 サントリーはヒト体内の水分量を手軽かつ正確に測ることが健康状態の把握や適切な水分補給の提案につながると考えている
求める技術 ・体内の水分状態を簡便に測定し、そのデータをもとに健康状態(疲れやすさや、運動能、認知機能、集中力など)や将来の罹患リスク(認知症や成人病、運動障害など)を評価できる技術を求めている


・求める技術の詳細
 ◇非侵襲で下記を適正に測定できること
  - 体内水分量およびその分布
  - 体内水分率、細胞外水分量
 ◇測定機器はポータブルあるいはウェアラブルであること
  - サイズ・重量:1000g以下(ポータブル向け)、または100g以下(ウエアラブル向け)が望ましい
 ◇測定データをもとに水分状態の良し悪しを評価可能であること
  - 既存の活動量計のデータをもとに上記を推測する技術でも構わない
 ◇測定時間:10秒以内が望ましい。

・想定するアプローチ(下記に限りません)
 ◇インピーダンス法
  - ただし、従来手法と同等以上の精度を小型で実現可能であること
 ◇近赤外イメージングを利用する方法
 ◇レーザー、パルス光の吸収から推定するアプローチ
 ◇数理モデルによる推定

・対象外のアプローチ
 ◇無痛針含め、採血を伴うアプローチ
 ◇X線を用いるアプローチ
 ◇MRIによる測定
技術の目標水準 ・現時点で試作品を有していることが望ましいが、開発中の提案も歓迎する

添付ファイル T-1148_募集要項.pdf
このニーズに応募する
応募は終了しました