大手メーカーと中小ものづくり企業のマッチングTECROSS(テクロス)

T-1178 薬剤コーティング・キャピラリチューブの開発/製造パートナー

この募集は終了しました。

この募集は2020年07月31日に終了しました。ご応募ありがとうございました。

コンタクト先 : 緒方清仁(ogata@ninesigma.com

T-1178 薬剤コーティング・キャピラリチューブの開発/製造パートナー

加工・部品
バイオ・医療

開発スケジュール

実験室レベルまでを1年以内、量産レベルまでを2年以内で実現することを希望する。

予算

予算・想定される数量など: 依頼主の要望を受けて、追加開発等が発生する場合の費用については、依頼主側で負担する。 キャピラリチューブの想定年間製造量は400000本である。(50~100本/セット)

応募期限 : 2020年07月31日
薬剤コーティング・キャピラリチューブの開発/製造パートナー
依頼企業の概要 国内大手医療機器メーカー
応募者にとっての機会 • 共同開発/製造
• 受託開発/製造
技術を求める背景・目的 • 依頼主は、臨床検査領域で薬剤コーティング・キャピラリチューブを活用しているが、薬剤塗布の条件等により、測定結果の信頼性にバラつきが生じることが確認されている。

• 測定結果の改善にはキャピラリチューブの設計やコーティング品質を最適化することが必要であるが、依頼主企業単独のキャピラリチューブに関する開発/製造機能やノウハウでは、十分な検討を行うことが困難である。

• そこで、依頼主企業では、測定結果の信頼性を高め、臨床検査領域のニーズに応えるために現在直面している課題を解決可能な企業様を募ることとした。
求める技術 ご応募いただく企業様へ求める要件
上述した課題を依頼主企業とともに解決、薬剤コーティング・キャピラリチューブの製品化をリードいただける企業様を求めている。
必須要件
以下の2点に関して依頼主側の要望に応える製造/開発上のノウハウや設備をお持ちであること
• キャピラリ形状(長さ、径)
• コーティング品質(塗布量やコート表面状態の粗さ)

その他の条件については、本件を前向きにご検討いただける企業様へ個別に電話もしくはウェブ会議にて個別にご説明させていただきます。
技術の目標水準
添付ファイル T-1178_募集要項_キャピラリーチュ.pdf
このニーズに応募する
応募は終了しました